JIOのつなぎ融資

JIOのつなぎ融資

JIO安心ローンは、金融機関と(株)日本住宅保証検査機構(JIO)が提携して出来たつなぎ融資の制度です。

このJIO つなぎ融資のつなぎ融資は通常のつなぎ融資とは異なっていて、建築工事の工程進捗を確認した後に建設会社に立替払いを実行する、いわゆる出来高払の制度です。


この際の手続きや振込みはJIOが代行しますから施主には面倒なことはありません。

また、万が一建築中に建築会社が倒産しても、他の建設会社それを引き継いで建物を完成させて住宅ローンの契約者に引渡しをする完成サポートがついています。


さらに、建築中に住宅ローンの契約者が死亡した場合も住宅ローン融資額を保証する制度も利用することが出来ます。

JIO つなぎ融資のつなぎ融資は、出来高払制度で建築中に2回(融資額の30%ずつ、計60%)資金を住宅ローンの契約者に融資してその資金を建設会社に支払います。



そして、引渡しの時には残りの40%の支払い手続きとつなぎ融資分の返済手続きを代行しますからローン契約者は支払い手続きをする必要がありません。


このようにJIO つなぎ融資のつなぎ融資は安心できますし、先に述べた完成サポートがあります。

建築を請け負っている建設会社の倒産で建築が中断したとしてもJIOが別の安心ローン登録事業者に工事契約を代替させて建物を完成させますから問題はありません。

オプションとしての安心保証は建築中に当のローン契約者が死亡した場合には保証会社がその人に代って未払債務を弁済して建物をそのローンの権利を継承する人に引き渡します。

このオプションは万が一の場合で、めったにこのようなことは起きないでしょうが、あれば安心できるシステムだと言えるでしょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。