つなぎ融資とは


つなぎ融資とは簡単に言いますと銀行などに住宅ローンを申込んで、その融資が実行に移されるまでの間にお金が必要になった場合、別のローンを一時的に融資することです。


何故ならば、住宅ローンは出来上がった住宅に対してローンの抵当権を設定しますから、建築の工事請負契約の場合にはその住宅が完成するまで、住宅ローンの融資が実行されません。


しかし、施主は建築会社に対しては工事の進行状況に伴って契約金額の支払いをしなくてはなりませんから、中間金や完成時の残金決済などのための資金が必要になります。
そして、そのお金が無い場合、本来の住宅ローンとは別のローンを一時的に組んで支払いをしなければありません。


そのローンがつなぎ融資ですが、つなぎ融資を利用する場合の流れを簡単に見てみましょう。
まず、金融機関からのつなぎ融資で建築会社に支払いを済ませます。


そして、住宅が完成した後で登記を済ませてその住宅を担保に住宅ローンを組みます。
その住宅ローンの融資が実行されてからつなぎ融資を返済します。


このように利用するつなぎ融資はローンですから諸々の費用が発生します。
それは、つなぎ融資の利息、つなぎ融資を申込むための印紙代、印鑑証明や住民票のための費用、融資手数料や振り込み手数料などです。


これらのつなぎ融資では利息が一番大きな費用になります。


つなぎ融資の手続きは比較的簡単ですが、金利は高目になりますから、住宅ローンの融資が実行された後では出来るだけ早い時点でつなぎ融資を完済することが肝要になります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188383497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。