つなぎ融資とパナホーム


つなぎ融資とパナホームはどのような関係があるのかと不思議に思われる人が多いと思います。
しかし、パナホームは大手のハウスメーカーだと言うことを考えるとつなぎ融資も満更無縁ではないのです。


例えばパナホームが広い土地全体を買い上げて区画整理をしてから分譲住宅を建てて売りに出すことは現実にあります。


しかし、このような場合に気をつけなければならないのは、区画整理での区画を購入した場合、その土地が保留地扱いになる場合があることです。
そして、保留地扱いになると原則として区画整理をした土地の分譲住宅が全部売却出来るまでは換地が出来ないのです。


そうなるとその分譲住宅にかかる住宅ローンを組んだとしても、その住宅ローンの融資が出来なくなります。


家は完成しているのですがその家を購入するための住宅ローンが組めないとなると、換地が完了するまではつなぎ融資を受けなければならなくなります。


このような場合につなぎ融資とパナホームの関係が出てくるのです。


そして、もしパナホームの区画整理が遅れてしまうとその分だけつなぎ融資への利息も増えてしまうことになりますから、果たして予定より区画整理が遅れた場合にパナホームがその間に必要となるつなぎ融資の利息分を肩代わりしてくれるかくれないかは大きな問題になりますから、パナホームとつなぎ融資についての話し合いが必要になります。


そして、このような土地区画整理を実行する際にはパナホームは都道府県知事の許可を受けている筈ですが、もしこの区画整理が公共事業であるのならば仮換地補償があり、本換地までの期間に対する補償がありますが、民間会社による区画整理はこの範囲には入らないのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188861737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。