つなぎ融資の意味


つなぎ融資とは文字通り何かと何かをつなぐ融資のことです。
この何かは色々ありますが、私たちに関係してくるのは住宅ローンだと考えましょう。
つまり住宅ローンを組む際に大切なのがつなぎ融資なのです。


マイホームを建築するためには通常の場合、私たちは住宅ローンを申し込みます。
そして、審査の結果その住宅ローンが認可されても、その融資のお金はすぐには手に入りません。

つまり住宅ローンに土地建物の担保がつけられない限り、その住宅ローンは実行されないのです。


そして、家を新築するのには手付金、中間金、残金などのお金がかかりますから、その必要なお金は住宅ローンで間に合うことが分かっていても、家が完成して登記などが完了しない限り住宅ローンのお金を使うことは出来ません。

そうなるとこれらの必要なお金をどこかから借りなければなりません。


これがつなぎ融資と呼ばれるもので、いわば住宅ローンの先借りのようなものです。
そしてつなぎ融資はつなぎローンですからその期間は一時的なものですが、つなぎ融資を受けている間は利息が発生します。


このようにつなぎ融資とは例を住宅ローンにとりますと、家の建築が始まってから完成するまでの間をつなぐお金だと言えます。


ですから、住宅ローンの場合のつなぎ融資の役割は家の建築をスムーズに運び、家が完成して必要な登記などを済ませるまでの間の潤滑油のようなものだと考えられます。


そしてこの潤滑油は家が完成し、登記が終わった時点でその役目が終わりますが、例えそれほど長い期間ではなくてもつなぎ融資は極めて重要な役目を持っています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189542370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。