銀行からのつなぎ融資

つなぎ融資 銀行
つなぎ融資は土地や建物などの不動産を購入するために銀行からの融資を待っている人がその融資を受けるまでの期間に金融機関から受ける融資のことです。


何故そのような融資が必要かはそれぞれの理由によりますが、つなぎ融資は出来るだけ早急に必要なお金を手にして不動産の処理をするための一時的な資金調達のことです。


つなぎ融資を利用するのは家の買い替えや、新築、あるいは土地を購入する際に手付金を支払う必要があったり、新築の家が出来上がった時に支払う残金が手元に無い場合などです。
例えば住宅ローンの審査待ちをしている間にその物件を抑えておきたいために銀行からつなぎ融資を受けて手付金を支払うということもあります。


そして、つなぎ融資は大きな銀行でも地方銀行でも取り扱っています。

通常、不動産は売買の動きが早いのでその物件を出来るだけ早く抑えたい場合に手持ち資金が無い場合などにも銀行のつなぎ融資は必要になります。


一般的に銀行が取り扱うつなぎ融資は、住宅ローンの関連で住宅ローンのお金が振り込まれるまでにある期間を待たなければならない場合、その間に支払いを済ませるために利用することが多いものです。

したがって、銀行のつなぎ融資には限度額が設けられていて、通常6ヵ月程度の融資期限があります。


そして、銀行のつなぎ融資の金利はその住宅ローンの金利と同程度の場合が多いようです。
ただし、銀行によってはその住宅ローンがフラット35でなければならないという条件をつけている場合がありますから、銀行のつなぎ融資については事前に色々と調べておくことが必要です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。