新築の時のつなぎ融資

これから家を新築する人はその前につなぎ融資のシステムを考えておくほうが良いでしょう。
家の新築に自己資金では足りない場合には住宅ローンを利用すれば良いと安易に考えてはなりません。

住宅ローンは家という建物が既に完成している場合にしか融資されないのです。


既に建っている新築マンションや一戸建ての購入では住宅ローンは条件次第で融資されますが、新築の住宅の場合は着工してから完成して引き渡しを受けるまでは住宅ローンの融資を受けることができないのです。
さらに、新築で建築する場合には最初の手付金、上棟時に支払う中間金、さらには引渡しの時の残金の決済などの時点で資金が必要になります。


ですから、手付金はともかく、中間金や引渡しの決算までの間に必要となるお金を用立てるのがつなぎ融資なのです。


しかも、つなぎ融資は実際に住宅ローンを受ける金融機関から借りるケースが殆どです。
しかし、全ての金融機関がつなぎ融資を取り扱っている訳ではありませんから、そのような場合にはこのつなぎ融資が可能な金融機関であるか否かを前もって確認しておくことが大切です。


ただし、つなぎ融資に対応してくれる別個の金融機関もあります。
そして、つなぎ融資もローンですからそれなりの金利がかかりますし、申込みの手数料その他の諸費用が必要になってきます。

なお、着工金や中間金の金額は工務店やハウスメーカーと交渉することで解決できればつなぎ融資を受けなくて済みますから相談や交渉も大切です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194454446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。