つなぎ融資の説明

つなぎ融資の説明

つなぎ融資は簡単に言えば金融機関から一時的に借りるお金のことです。

つなぎ融資はどのような業種でも、経営的に苦しくなった会社などを倒産させないで再建しようとする際に、再建に必要な運転資金を増やすためにも使われます。


また、私たちに身近なところでは、マイホームを新築したりするための住宅ローンを申し込んだ際に金融機関の融資が実行されるまでの間に必要となるお金を借りる場合などにつなぎ融資を利用します。

つなぎ融資は言わばつなぎローンですから、当然それなりの利息がかかります。


何故このようなつなぎ融資が住宅の新築などで必要になるかと言いますと、住宅ローンではその融資には購入する物件の担保となる抵当権を設定する必要があるからです。
別の言い方をするとその融資に見合った担保として新築の家を設定するのです。


ところが家はまだ完成していませんから、家という建物に抵当権を設定することが出来ません。

一方で、新築している家は手付金からはじまって家が完成するまでに途中で支払う中換金や完成した家を引き渡してもらう際に支払わなければならない残金などのお金が必要です。そこでこれらのお金を金融機関から一時的に借りるのがつなぎ融資なのです。


したがって、新築などの家が完成して抵当権が発生した後では住宅ローンの融資金が下りますから、そのお金でつなぎ融資の返済をするのです。

その意味ではつなぎ融資はあくまでも一時的な融資であり、長期にわたるものではありませんが、事業資金のためのつなぎ融資はそうではなく比較的長期にわたるものもあるでしょうし、追加のつなぎ融資もあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195534465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。