つなぎ融資の代理受領

住宅ローンを組んでも新築の場合などは融資金額の全部が実行されるまでには時間がかかります。

そこで、最初の手付金は自己資金でなんとか支払ができても、棟上の時に支払う中間金や住宅が完成して引渡しを受ける際に必要になる残金の決済につなぎ融資が必要になります。


通常の場合、住宅ローンが融資されるのは一旦契約者である買主の口座を通ってから不動産会社や建築会社への支払いという手順があります。
これに対して代理受領では住宅ローンの融資金は契約者を通さないで直接不動産会社や建築会社が受け取れるようになっています。

したがって、買主は住宅ローンでの代金を支払う前でも建物が登記できるのが代理受領の制度なのです。



そして、この代理受領を利用すれば住宅ローンがスムーズに実行されますから、契約者である買主は途中の中間金や残金の決済に必要になってくるつなぎ融資を利用しなくても済むのです。

つなぎ融資は金利が高くて手数料もかかりますから、短期間の利用でもかなりの余計な出費になります。


そこで是非この便利な代理受領をつなぎ融資を受けないで利用したいのですが、現実では代理受領は全ての不動産会社で採用されていません。
その理由はこの代理受領制度は不動産会社にとってはメリットが殆ど無い上にリスクを負うことにもなるためです。

しかし、代理受領はつなぎ融資を受けるよりもはるかにメリットがありますから、住宅ローンを利用して、自己資金が不足してつなぎ融資の利用を考えなければならない場合は代理受領を認めている不動産会社を探すようにしてみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。