地方銀行のつなぎ融資


念願のマイホームを新築したいとせっせとお金を貯めてある程度の自己資金を用意しましたが、それだけではとても高額な買物である家は建てられません。
そこで誰でもが考えるのが銀行などの住宅ローンの活用です。


ところがこの住宅ローンはそのローンの担保に出来上がった建物が充てられますので、影もかたちもない建築前には融資を受けることは出来ません。


しかし、家を新築する際に最初に必要になるいわゆる手付金はあります。
そこでとりあえず住宅ローンの融資申し込みをして審査を待つことになります。

しかし先ほども述べたように住宅ローンの審査に通って融資額が決まった時点では融資は実行されませんから、家を建てている間に必要になる中間金や家が完成した時に引き渡してもらうための残金の精算・決済にもお金が必要になります。

そかし、もう手持ちの資金はありませんからそのお金はどこかの銀行や金融機関から借りなければなりません。

この借りるお金がつなぎ融資ですが、どの銀行や金融機関でもがつなぎ融資を取り扱っている訳ではありません。
このような場合につなぎ融資を受けるために地方銀行が考えられます。


例えば新生銀行や静岡銀行などの地方銀行はつなぎ融資を行っていますから、地方銀行でつなぎ融資の相談をすることをお勧めします。

ただし、地方銀行ならどこでもがつなぎ融資を扱っているのではありませんから、こまめに探して相談をすることが必要で、さらに話をきいて複数の地方銀行のつなぎ融資の条件などを比較検討することをお勧めします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196499996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。