つなぎ融資の中間金

マイホームを購入したり新築の場合は、通常その購入代金は一括払いではありません。

どのような形でも住宅の購入はかなりの高額な支払いになりますから、購入手続や新築の建築状況などに併せて大体2回から3回に分けての支払いになります。


一般的に、住宅の購入代金の支払いはまず売買契約が締結された時に手付金を支払うことになります。新築の場合は着工代とか着手金とも言います。


この最初に支払う金額は全部の金額の10パーセント程度が常識とされています。
そして、手付金を支払うとマイホームや新築の売買契約が成立しますから、いよいよマイホームは目前かと言うと、そうではありません。

手付金は売買契約が成立したという意味合いで支払う代金ですから、契約の際の買主と売主のどちらかが契約を開始するまでは手付金を放棄すれば契約は解除することができるのです。


さて、このような問題も無く、契約が実行された場合に買主は先に述べた通り物件の全額の10パーセント程度しか支払っていませんし、新築の場合は建物が出来上がっていません。
そこに中間金が発生してきます。

中間金はその名称の通り、手付金を支払ってから建物を引き渡される最終の決済までの間に支払う代金のことで内金とも呼ばれます。

そして、この中間金の支払に手持ち資金が不足している場合につなぎ融資を利用することになります。


基本的に住宅ローンは建物を担保にしますから新築の場合などには出来上がるまでは全額の融資が実行されないので中間でつなぎ融資が必要になるのです。

この中間のつなぎ融資が必要になるのは主に一戸建ての新築住宅などで、新築住宅の場合では上棟の時に中間金を支払うのが通例です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。