つなぎ融資の抵当権

つなぎ融資の場合に抵当権が設定されていると、住宅ローンの融資が出来なくなります。つまりその住宅が担保としての役割を果たせなくなってしまうのです。
例えばの話ですが、あるハウスメーカーの建築条件付の土地を購入する際に土地契約と住宅金融公庫への住宅ローンの申し込みをしたとします。


土地代の残金は公庫からの融資が下りたときに支払いが出来ますから銀行でつなぎ融資を受けたとします。

通常ではつなぎ融資には抵当権は設定しないのですが、もし、このつなぎ融資の担保として購入した土地に抵当権を設定したとします。


そうなるとその土地は抵当権というひも付きになってしまうので住宅ローンは組めなくなってしまう恐れがあります。
このような話はハウスメーカの場合に良くあるようですが、ハウスメーカーは自社の信用を元にして資金を調達してつなぎ融資を行います。

つまり、銀行がハウスメーカーにつなぎ融資をして、ハウスメーカがそのつなぎ資金をユーザーに渡すのですが、このやりかたは珍しくはありません。


そして、その場合はハウスメーカーが抵当権設定者になりますが、住宅ローンの融資をする住宅公庫は融資をして抵当権を設定する時に、ハウスメーカーの抵当権を第二位にするか解除しますから問題はありません。
しかし、もし住宅ローンを組む場合にその担保となるべき土地や建物にいくつもの抵当権がついていたりすると話は面倒なことになります。

あくまでも住宅ローンの場合に担保になる土地や建物は抵当権がついていないことが前提になります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。