つなぎ融資と預かり金

家を新築する場合やマンションを購入する場合には、住宅ローンを組む前に不動産会社に申込金などが必要になる場合があります。


この時に不動産会社に渡すお金はあくまでも一時的に不動産会社に預けているのであり、支払ったお金ではなく、このお金を預かり金と言います。

したがって、預けたお金なのですが、その後にその新築などの話が進んで家を新築するような場合にはその預かり金は新築代金の一部になります。


つまり、その時点で預かり金は新築の工事費などと同じことになりますから、預かり金を不動産会社に渡したときには必ず預り証をもらうことを忘れてはいけません。

きちんとした収入印紙を貼った預かり金領収書を受け取るようにしてください。


そして、この預かり金のために必要になるのがつなぎ融資です。


例えば自己資金が少なくて、申込金が不足するような時に銀行などの金融機関に住宅ローンの申し込みをして審査が順調に進んでいる場合に申込金のためにつなぎ融資を受けることになります。

住宅ローンは既に出来上がっている住宅やマンションを購入する場合には比較的早く実行されますが、新築の場合ではその家の建物が完成してからでないと、担保になりませんから融資は受けることが出来ません。


このようなことからつなぎ資金は当初の預かり金、建築の際の手付金、途中段階で支払う中間金や完成した時に支払う残金まで、常に必要になるのです。

そして、預かり金は手付金のような性格を持っていますから、それを手付金にまわすことも出来ますので、領収書は必ず受け取るようにしてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。